<US特別寄稿>暗号通貨投資家を襲う日本の国税庁


暗号通貨のキャピタルゲインを雑所得として分類するという昨年の国税庁の判決に基づいて、日本の投資家は自らの利益を課税申告時期に申告することになりました。20%程度の課税が行われる株式や外国為替取引の利益とは異なり、日本の暗号通貨のキャピタルゲインに対する税率は15%から55%の範囲となっています。 55%の税率は、年間収入が4,000万円(約365,000ドル)の個人に適用されています。

この国税庁によるルールは、日本政府のために巨大な税収をもたらす可能性があります。 最近、最大の暗号通貨であるBitcoin取引の約40%が日本円に対して行われています。当局はまた、国税庁は税の施行を確実にするために、暗号通貨の投資家のデータベースを開発しています。

日本は、暗号通貨に課税するだけではありません。 米国では、暗号販売による利益は長期キャピタルゲインとして課税されますが、日本で適用されるレートよりもはるかに低いレートで課税されます。 韓国では、既存の法人税制に従って暗号に24.2%の課税が課されています。 EUでは、暗号通貨のトランザクションはVATから免除されていますが、キャピタルゲインまたは所得に基づく課税は各国によって決められています。

シンガポールなどの一部の国では、暗号侵害に対するキャピタルゲイン税はありません。これはシンガポールやキャピタルゲイン税が適用されていない国々での取引を行うために、暗号通貨の富裕な投資家が日本市場のようなマーケットから出ていく可能性を示しています。

暗号通貨市場が成長し続け、投資家が資産を売却し始めると、税務当局がどのようにしてパイを切り取ろうとするか興味深いものがあります。 国によってルールが異なるため、最も有利な税制を有する管轄地域において、取引場所の利益を得ることができることになるでしょう。


Lorenzo Montanari


Americans for TaX Reform 国際部門ディレクター。ボローニャ大学で政治学と国際関係学のBA / MAを取得し、ジョージワシントン大学の政治経営学修士号を取得し、ジョージワシントン大学の国際部門で勤務後、中南米の政治分析者と選挙監視官としても従事。世界80か国以上とネットワークを持つAtlas Networkと連携し、欧州・アジア地域でのネットワークを構築。また、Property Rights Alliance エグゼクティブディレクターとして、知的財産権を中心とした国際比較研究である国際財産権指数の発行を担当。

Lorenzo Montanariの記事一覧