リーダーと考える経営の現場・第1回 はじめに


「リーダーと考える経営の現場」では、経営の現場で起きていることを、改めてリーダーシップの観点から捉えなおすことによって、読者の皆さんとともに、会社に関わる全ての人のリーダーシップのあり方について考えていきたいと思います。

今後、本連載を読んでいただくことによって、読者の皆さんが、それぞれの会社でそれぞれリーダーシップを発揮していくようになり、多くの人にリーダーと評されるようになることを願っています。そのため、本連載のタイトルは、あえて「読者の皆さんと考える経営の現場」ではなく「リーダーと考える経営の現場」とさせてもらいました。

早いもので私が経営の仕事に携わってから10年以上になりますが、どっぷりと経営の仕事をしている中で気が付いたことがあります。

たとえ同じような方向性で会社を良くしたいと考えており、日々一丸となって努力をしている素晴らしい「経営者」・「管理職」・「一般スタッフ」のチームワークがあったとしても、経営の現場で起きていることは、その人にリーダーシップがある・ない(もしくは、リーダーシップ的思考の強い・弱い)によって、まったく同じ事象が起きていても、全く違うように見えているものです。

最初は、私も、ただ単純に「経営者」・「管理職」・「一般スタッフ」という立場の違いから、経営の現場で起きていることに対して、捉え方が違うものだと思っておりました。しかし、実際に多くの人にヒヤリングをしてみると違うのです。「経営者」であっても「一般スタッフ」のような話をする人はいるし、「一般スタッフ」であっても「経営者」のような話をする人がいるのです。そこにあるのは、立場の違いではなく、その人がリーダーシップの観点から物事を捉えているかどうかなのです。

経営の現場で起きていることは、会社を取り巻く様々な立場の人たちによって、様々な評論が加えられていきます。様々な立場の人たちが、それぞれの立場で意見を言うのは当然です。しかし、同じベクトルの人たちであっても、リーダーシップの考え方のある・なしは、物事の捉え方に大きな影響を与えます。当たり前ですが、物事が全く違うように見えていれば、徐々に行動も変わっていくものです。ここに経営の難しさがあります。

このような経験の中で、私は、経営の現場で起きていることを、改めてリーダーシップを軸に捉えなおしたら、会社経営の本質をより理解することができるのではないかと思ったのです。本連載では、様々な経営の現場を、リーダーの目線から考えていきたいと思います。

「リーダーシップ」と「経営」という2つのキーワードが出てくると、本連載の読者ターゲットが経営者だけのように思う方がいらっしゃるかもしれません。しかし、それは違います。本連載の読者ターゲットは、会社に関わる全ての人です。会社に関わる全ての人とは、社内スタッフである「経営者」・「管理職」・「一般スタッフ」だけではなく、社外である取引先、株主、お客様、そして地域社会の人々をも含まれています。

私は、現在の日本社会において、「リーダーシップ」の捉えられ方には多くの誤解があると考えています。その代表例が、前述のリーダーシップ=経営者の問題という考え、つまりはリーダーシップとは経営者にだけ必要なものであって、(経営者の指示に従うサラリーマンなど)それ以外の人々にはあまり必要ではないという考えではないかと思います。

私は、若い時分から縁あって、「サラリーマン経営者」として、様々な会社経営に関与してまいりました。その過程で、上場企業の代表取締役社長を務めたり、伊豆シャボテン公園グループといった老舗レジャー施設の企業再生をしたり、貴重な経験をさせてもらいました。そして、現在は、今までの会社経営の経験を活かし「プロ経営者」として、時価総額100億円以下の会社を中心に、業種業態・成長ステージ問わず様々な会社の経営支援をしています。

そのため、本連載の内容は、私はリーダーシップの学術的な専門家ではありませんので、経営の現場を通じて身に着けたリーダーシップの見地から、経営の現場を捉えなおしたものであるということが正確な表現になろうかと思います。

今後、本連載では、次回以降「リーダーシップ」の考え方について、ほんの少し私の考えを記載させていただいた後に、経営の現場で起きていることを、読者の皆さんとともに、改めてリーダーシップの観点から捉えなおしていきたいと考えています。それによって、読者の皆さんが、新しい「気づき」を得るきっかけとなり、実際に会社生活でリーダーシップを発揮してもらうようになって、より良い会社生活に繋がればと考えています。

最後に、今回、私のような言論人ではない経営実務家が、この新メディア「The Urban Folks」に寄稿させてもらえることについて、The Urban Folks渡瀬主筆のリーダーシップに感謝します。

今後、「リーダーと考える経営の現場」では、皆さまの期待に沿えるような連載をしていきたいと思います。


小松裕介
小松裕介

プロ経営者 パシフィック・アライアンス総研株式会社 代表取締役社長
平成25年3月にソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(現社名:伊豆シャボテンリゾート株式会社、JASDAQ上場企業)の代表取締役社長に就任。平成25年6月に同社子会社の伊豆シャボテン公園グループの代表取締役会長に就任。同グループを7年ぶりの黒字化に導く。平成26年12月に経営支援を行う株式会社スーツ設立。平成28年4月より、総務省地域力創造アドバイザー及び内閣官房地域活性化伝道師登録。

小松裕介の記事一覧