【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その2)


サッカー、ワールドカップとは何なのか。興味がない人も楽しめるためのガイド、2回目です。今回は「サッカー史上最高の選手」である2人を観れることができる最後のワールドカップともいわれています。プレーやCMを紹介しつつ、その人となりを分析していきます。

なぜそんなに熱狂できるのか?

そもそも、なぜサッカーなのか。サッカーの祭典がこんなに盛り上がるのか。

単純に言えば、球蹴りにしかすぎません。90分の間に、11人で構成されるチームのどちらが、ボールをゴールに入れる数がどちらが多いかを競う単純なゲームです。比較的ルールも単純なため、世界的にも多くの人がプレーすることができています。特段用具が揃ってなくても、サッカー的なプレーは可能です。

サッカーの特徴はというと、ラグビーと違い、その芸術性が魅力だと思われます。ちなみに私は、一度12歳の時にサッカーを辞めましたが、パスがつながるところ・展開の美しさの魅力に取りつかれて、再びサッカーをやりだしました。

サッカーはチームプレーである一方、卓越された「個人」の技術を楽しむことができます。スーパースターとそのプレーを紹介したいと思います。

リオネル・メッシさん


アルゼンチン代表のエースであるメッシ選手、アルゼンチンのロサリオ出身で、FCバルセロナの下部組織を経て、バルセロナで活躍しています。
1987年6月24日生まれの30歳。祖父がイタリア出身。成長ホルモンの分泌異常の症状に苦しめられましたが、治療で克服。

そのボールに吸い付くドリブル、シュートなどの精度は「史上最高」といっても過言ではありません。何がすごいのか、それはメッシはボールを取られないことです。何人に囲まれても、嘲笑うかのごとく、敵を抜き、ゴールを陥れます。

170センチに満たない小柄な体格ですが、そのテクニック、ゲームメイクとパス・シュートのセンスなどの凄さから、多くの人に「神」「宇宙人」と呼ばれています。

彼の超絶スキルは以下の映像を見れば理解できると思います。

まさに神。

ちなみに、スポーツメーカーのaddidasの広告塔です。

人となりですが、内気で、口数も多いわけではなく、派手で目立ったことをするタイプではありません。派手なタトゥーが印象的ですが、かなり謙虚な人間です。幼馴染と結婚するなど、家庭的な面が強い、素朴な人と言われています。

クリスチアーノ・ロナウドさん

ポルトガル代表のエース。ポルトガルのマデイラ諸島出身。若くしてスポルディング・リスボンの下部組織に入り、イングランド、プレミアリーグの世界的クラブのマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれ、その後中心として活躍。その後、世界最大のメガクラブ、スペインリーグのレアル・マドリードのエースとして活躍。ヨーロッパチャンピオンズリーグでの三連覇の立役者。世界最優秀選手にも何度も選ばれ、不動のスターの位置を確立しました。

もともとウイングであったのですが、ゴールゲッターに変身。鍛え抜かれた肉体と決定力・シュート力で世界に君臨しています。

彼の超絶スキルは以下の映像を見れば理解できると思います。

CMでおなじみの肉体美はこちら。かっこいい!

ちなみに、スポーツメーカーのnikeの広告塔です。一番面白いのはこのCMで、その努力家の人となりが理解できるでしょう。

メッシと比較されても、「自分が上」と公言するなどかなりの負けず嫌いです。大人げないというか。ただし、練習場に最も早く来て、最後に帰るほどの「練習の虫」。まさに、努力の男。

人となりですが、社交的で、派手で目立ったことが好きのように見えます。自分大好きのナルシストと評されることもあります。実際、俳優を目指していると言っています。
大言壮語をするなど自分にプレッシャーをかけて努力するタイプです。愛くるしい笑顔と感情的なところが魅力で(子どもの頃のあだ名は「泣き虫」)、とってもチャーミングなところも持っています。姉がいることもあり、愛される「弟」という感じ。ちなみに、女性関係はかな~り派手です(興味がある方は調べてみてください)。

その他の候補生

このほかにも、ブラジル代表のネイマールJrさん、ベルギー代表のエデン・アザールさん、デ・ブライネさん、フランス代表のムバッペさんらが「次のスター」になると言われています。

なかでも、「HAZARD」(アザールと読む)さんは、今回期待される選手の1人です。そのドリブルは秀逸です。

【出典】筆者撮影

プレーはこんな感じです。

そしてデ・ブライネさんです。イングランド、プレミアリーグのマンチェスターシティ所属で、2017-18年のリーグ優勝に大きく貢献。そのパスセンスは鳥肌が立つほどです。

【出典】筆者撮影

本当に美しいパスでチームを操る司令塔です。

ちなみに倒れた相手選手を気遣う優しい人です。これは何度も見ました。
赤いほっぺの優しいあんちゃんです。

【出典】デブライネ、筆者撮影

上記に紹介していない選手が突然現れ、スターになる可能性もあります。是非眠い目をこすりながらテレビ放送を見て楽しんでみてはいかがでしょうか。


西村健
西村健

人材育成コンサルタント、NPO法人日本公共利益研究所(JIPII:ジピー)代表、事業創造大学院大学 国際公共政策研究所 研究員・ディレクター、一般社団法人日本経営協会講師、未来学者。
慶應義塾大学院修了後、アクセンチュア入社。 その後、日本能率協会コンサルティングで経営・業務改革、人材育成、能力開発を支援してきた。独立後、人事評価制度構築・運用、キャリアカウンセリングなどのコンサルタントとして活動中。最近はプレゼンテーション向上、モチベーション施策などに注力。

西村健の記事一覧