【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その20・総集編)


フランスの優勝という結果になったサッカー、ワールドカップ。
今回、この連載は20回を迎えるが、最終回。

個人的に感想を言わせてもらえば、
第一に、特にずっとマークしていたベルギー代表のデブライネさんは凄かったし、素晴らしかった。

そして第二に、クロアチア代表。
・リードを許しても焦らない
・追いつかれてもPK失敗しても精神的に落ち着き
その意味でクロアチア代表の敗戦は残念だった。

第三に、躍進した日本代表について言えば、香川さん、乾さんのセンスある選手の共鳴がいかに大切かを実感した。さらに言わせてもらえば、6年前くらいから香川さん中心のチームにしていれば、チームも香川さんももっと輝いたのにと思った。

さて、話をもどして、明らかなトレンドが見えてきた。

【トレンド1】堅守速攻は一層強く

サッカー戦術論的見ると堅守速攻がトレンドとしてますます強まった気がする。特にベルギー戦でのフランスの対応、点を取って守る。
ボールポゼッションを高めるティキタカは厳しくなっている。スペイン代表の早期敗退もそう。

集団での堅固な守りを崩すのはパスや個人のドリブルでは難しく、結局、手を取るにはセットプレーからということになる。
多くの点数がセットプレーからという今回の結果がその傾向を明らかにする。

【トレンド2】ある程度背が高い選手

技術屋よりムバッペなどアスリート的な選手の活躍が目立った今大会。
さらに、オシムさんは「集中力が必要」と言っていたように、そうしたトップレベルには求められる能力、優先される能力もかわってくるのだろう。

特に私が感じるのは「高さ」。

列強のDFラインはたいてい190センチの選手が並ぶ、
クロアチアの選手を見ていると「でかい」の一言。

カリニッチさん:クロアチア代表GK、200センチ
マンジュキッチさん:クロアチア代表FW、190センチ
ペリシッチさん:クロアチア代表MF、186センチ

チームで見ると☆の後が背の高さ

【優勝】
☆21位:フランス 180.5cm
【準優勝】
☆5位:クロアチア 184.9cm
【3位】
☆8位:ベルギー 183.8cm
【4位】
☆16位:イングランド 182.1cm
【ベスト8】
☆2位:スウェーデン 185.2cm
☆6位:ロシア 184.3cm
☆23位:ブラジル 180.4cm
☆26位:ウルグアイ 179.8cm

【参考】サッカーマガジンZONE

なかなか背が高い。日本を倒したベルギー代表のフェライニさんは190センチだし、大型選手の必要性が高まった気がする。

ただし、若い世代では
アンヘル・ゴメスさん:イングランド、161センチ
中島翔哉:ポルトガル・ポルティモネンセSC所属、日本五輪代表 164センチ
中川寛斗さん:日本・柏レイソル所属 155センチ

といった小さい選手、なかでも150センチ台の選手もプレゼンスを高めつつあったが・・。マラドーナさん、メッシさん、ペレさんと小さな選手が大選手活躍できるサッカーにおいても、変化があるようだ。

Urban Folksとオムニメディア(ニシムラ)はカタールを目指す!

さて4年後、皆さんはどういった人生を歩んでいるでしょうか?
どういった状況でワールドカップに臨んでいるでしょうか?

多くはサッカー少年のようにワールドカップ出場を目標に見据えることはできないかもしれません。しかし、4年後、明るい未来のために、皆さんとともに、目標をもって日々を過ごしていきたいものですね。筆者も現地取材ができるように頑張ります、と決意して筆をとることにする。

ダスヴィダーニャ!

ワールドカップ特別企画

第1回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その1)」
第2回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その2)」
第3回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その3)」
第4回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その4)」
第5回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その5)」
第6回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その6)」
第7回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その7)」
第8回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その8)」
第9回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その9)」
第10回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その10)」
第11回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その11)」
第12回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その12)」
第13回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その13)」
第14回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その14)」
第15回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その15)」
第16回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その16)」
第17回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その17)」
第18回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その18)」
第19回 「【特別企画】UrbanFolks流、サッカーワールドカップ観戦ガイド(その19)」


西村健
西村健

人材育成コンサルタント、オムニメディア代表、NPO法人日本公共利益研究所(JIPII:ジピー)代表、一般社団法人日本経営協会講師、未来学者。
慶應義塾大学院修了後、アクセンチュア入社。 その後、日本能率協会コンサルティングで経営・業務改革、人材育成、能力開発を支援してきた。独立後、人事評価制度構築・運用、キャリアカウンセリングなどのコンサルタントとして活動中。最近はプレゼンテーション向上、モチベーション施策などに注力。

西村健の記事一覧