<US特別寄稿>「the New U.S. Tax Cuts 2.0(トランプ減税2・0)」


議会共和党は、中間選挙に向けてアメリカの家族や中小企業を手助けする3つの構成で成り立つ減税法案2.0を仕上げつつあります。

新たな減税法案は、昨年の減税法案によって得られた成功を継続することに貢献します。Americans for Tax Reform(*訳者注:米国最大の減税推進団体)は、税制改革の直接的な結果として、給与の引き上げ、賞与または福利厚生の増加がもたらされた企業の事例を725事例を集めている。米国家庭を守ることは国家の健全性を保つ基本的な事項であり、Tax Cuts 2.0は緊縮を引き起こす税制上の負担を軽減しようとするものです。

アメリカ人がより多くのお金を貯蓄することを助けるために、家族貯蓄法は個人退職口座への現行の70.5歳の拠出年齢制限を廃止することを試みています。これを補完するために、この法案は50,000ドル以下の最低限の引き出し制限やチャイルドケアのための引き出しへの罰金を取り除いています。さらに、ユニバーサル・セービング・アカウントの使用に際して、この減税案の下で最初の拠出に課税するだけで、その結果生じる収入には課税されないように促進することで、更に多くの投資を促します。

中流階級のアメリカ人は、新しい減税法案によって最もポジティブな影響を受けます。なぜなら、大学経費、退職金、または緊急資金の貯蓄と準備を支援することを目的としています。さらに、起業家は新しい事業を開始するために必要なローンを取得することを容易にする減税の下で元気を取り戻してきました。家族と中小企業というアメリカ人の根幹は、平均的なアメリカ人を支援することを目的とした減税による新しい息吹を得ました。中小企業には、企業がコスト削減のために他の企業と一緒に退職プランを提供する方法を提供し、従業員が小さな会社で働きやすい規定を整えています。

タックス・カット・アンド・ジョブズ・アクト(Tax Cuts and Jobs Act)と呼ばれる最初の減税は、消費者および中小企業の自信を高めました。 8月だけで20万人以上の雇用が追加され、失業率を引き下げることに役立っています。賃金の上昇傾向は多くのアメリカ人に職場に戻り、新しい仕事を探すことを促し、市場に出てきています。

この減税により、電力会社は顧客に対して低価格のサービスを提供することができました。 サウスダコタ州ラピッドシティーにあるブラックヒルズエナジーは、安価で競争力があるレートで減税の恩恵を消費者に還元するよう取り組んでいます。

企業は基本給を増やし、従業員の利益を拡大しています。レイク・サクセスのブロードリッジ・ファイナンシャル・ソリューションズは、従業員に基本給の引き上げ($ 13 /時間から$ 15 /時間)、追加の休暇日を提供し、育児給付を拡大しています。減税のおかげで、管理職以外の従業員にも1,750ドルのボーナスが提供されています。

新しいイノベーターと起業家を励ますことによって、減税政策はアメリカ経済を本来の「アメリカンドリーム」に近づけています。そして、Tax Cuts 2.0はこの傾向を加速させるでしょう。


Lorenzo Montanari


Americans for TaX Reform 国際部門ディレクター。ボローニャ大学で政治学と国際関係学のBA / MAを取得し、ジョージワシントン大学の政治経営学修士号を取得し、ジョージワシントン大学の国際部門で勤務後、中南米の政治分析者と選挙監視官としても従事。世界80か国以上とネットワークを持つAtlas Networkと連携し、欧州・アジア地域でのネットワークを構築。また、Property Rights Alliance エグゼクティブディレクターとして、知的財産権を中心とした国際比較研究である国際財産権指数の発行を担当。

Lorenzo Montanariの記事一覧