「Japan-US Innovation Summit 2018」開催のお知らせ


全米最強ロビイスト来日!Japan-US Innovation Summit 2018(日米中道保守派カンファレンス)開催!!!

2018年12月16日(日)東京・市ヶ谷にて日米中道右派の政治関係者・有識者らによる自由主義・保守主義の連帯に関するフォーラム「Japan‐US Innovation Summit 2018」が開催されます。
これは前年に続いて2回目。渡瀬裕哉主筆を中心に企画された画期的なイベントです。今回もアメリカ政治のキーパーソン、影響力のある方々が来日します。

・トランプ政権と日本、そして日米関係の行方
・米中経済摩擦で揺れるアメリカの経済政策
・デジタルレーニズム・権威主義が跋扈する世界の「自由主義」思想の在り方

を理解できる、グローバルな世界政治の最前線。是非ご参加ください!

<『Japan‐US Innovation Summit 2018』概要>
名  称  Japan‐US Innovation Summit 2018
主  催  パシフィック・アライアンス総研株式会社
全米税制改革協議会(英語名:「Americans for Tax Reform」)
協  賛  一般社団法人ユースデモクラシー推進機構
一般財団法人日本政策学校
日  時  2018年12月16日(日)
開場9:30 フォーラム10:00~18:00 懇親会19:00~
開催場所  グランドヒル市ヶ谷 東館2階白樺の間
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町4-1 https://www.ghi.gr.jp/access/
参加費用  カンファレンス参加費      3,000円(税込)
自由民権懇親会参加費(夕食会) 25,000円(税込)
※ 協賛団体である一般社団法人ユースデモクラシー推進機構の推薦者、
及び、一般財団法人日本政策学校の受講生は2,000円(税込)
申込方法  当日会場でのお払い、もしくは、以下のPeatixページよりお支払いください。
http://ptix.at/w3ElvB

<登壇者情報> 2018年11月5日時点
※ 当日は同時通訳者にお越しいただきます。
〇米国側
・Grover Norquist
Americans for Tax Reform(全米税制改革協議会)議長
レーガン大統領から付託を受けて同協議会を設立し、全米の納税者運動の旗手として活躍。全米保守派を束ねるワシントンD.Cでの水曜会を主催し、1994年共和党による下院奪還(保守革命)に貢献。トランプ大統領当選後に同大統領が祝辞を自身のHPのトップに掲げ、2017年減税政策でもホワイトハウス・連邦議会をまとめる主導的役割を果たした。

・Christopher Butler
全米税制改革協議会 エグゼクティブ・ディレクター
ATRエグゼクティブ・ディレクターとして、主に国際部門の連携を担当。FOX News、NPR、Newsday、ウォールストリートジャーナル、ワシントンポストなどの各国メディアに出演し、米国における保守主義・自由主義に関するコメンテーターを務める。一方で、世界納税者連盟ボードメンバーとして国際的な連帯活動に幅広く従事して、世界20か国以上の国々の納税者団体とのアライアンスを構築。

・Lorenzo Montarani
Property Rights Alliance エグゼクティブ・ディレクター
全米税制改革協議会 国際部門ディレクター
Property Rights Allianceエグゼクティブ・ディレクターとして、知的財産権を中心とした国際比較研究である国際財産権指数の発行を担当。ボローニャ大学で政治学と国際関係学のBA / MAを取得し、ジョージ・ワシントン大学の政治経営学修士号を取得。ジョージ・ワシントン大学の国際部門で勤務後、中南米の政治分析者と選挙監視官としても従事。世界80か国以上とネットワークを持つAtlas Networkと連携し、欧州・アジア地域でのネットワークを構築。

〇国会議員
・長島 昭久(衆議院議員、元防衛副大臣)
・山田  宏(参議院議員、防衛政務官)
・福田峰之(元内閣府副大臣)
 

〇経済人
・西山由之(日本経済団体連合会幹事、NAC名誉会長)
・中村まこと(スタートアップカフェコザ代表)

〇地方議員
・音喜多 駿(都議会議員)

〇有 識 者
・渡瀬 裕哉(早稲田大学公共政策研究所招聘研究員
・吉川 富夫(大阪経済大学客員研究員)
・吉田  寛(千葉商科大学大学院教授)
・部谷 直亮(慶應義塾大学SFC研究所上席所員)


The Urban Folks 編集部
The Urban Folks 編集部


The Urban Folks 編集部の記事一覧