【特別企画】こんな指標はあかん~KPIウオッチ<第1回>


国会では統計が問題になっていて、大騒ぎです。アベノミクス批判とかまで巻き起こっていますが、本質は何か。その内情は専門家に任せて、、西村は専門家として成果指標や目標指標の設定の仕方をウオッチしていきます。

そもそもKPIウオッチとは

政府や皆様が澄んでいる自治体は政策ごとに数値目標が設定されています。国、地方自治体などの行政機関が持つ、政策指標、まちづくり目標、KPI(Key Performance Indicator)と呼ばれ、定住人口とか、経済成長率とか、イベント参加人数とかが書いてあります。

しかし、この指標と数値目標には問題があります。なぜなら、

そもそも政治家は責任を取らない。目標は先送りする!

のです。皆さんも覚えていますよね?「待機児童をゼロに!」という目標が先送りされてきた歴史を。

特に、行政では影響を与えられない指標だったり、行政がしっかり活動したことを取り繕う指標だったり、そもそもロジックが間違っている指標だったり噴出なんです。その理由は・・・

第一に、難易度が高いこと。企業とは違って社会を相手にしていること。
第二に、リソースや資源配分がなんともいえないこと。責任範囲も不明確であること。
第三に、西村のような専門家から真摯に学ばないこと(笑)。

といったところです。

日本の行政に「評価」を開発した上司(星野芳昭さん)のもとで死ぬほど指標設定を考えさせられた西村だからこそ、単なる政府批判じゃない、行政に対しても、行政内部でも、今後の社会をみすえてこれでいいの?と提言でき、考え直すきっかけになることです。誰かが悪いとか批判するのではない、前向きな建設的なチェックをすることの必要性を全国民・住民が理解できる一歩になるのです。

ではいきましょう。

ダメダメ指標・KPI

やはり、私なので、東京都政から見ていきたいです。
「東京と地方が共に栄える、真の地方創生」の実現を目指して~東京都総合戦略~」という東京都の地方創生戦略があります。東京なのに地方創生?という疑問は置いておいて、そこからとんでもないKPI,指標が見つかります。

■まずもって指標になっていない‥‥話にならないレベル

ノーコメントです(笑)。

■計画でしょ?指標じゃないでしょ?

これもノーコメントです(笑)。

皆さん分かりました????だいたいがこんなんばっかなのです。その現実を知ってください。そして、どれだけのお金と資源を投入し、どれだけの事業を実施、その利用者にはどういった価値を提供したのか・・・・が全く見えません。こんな指標をKPIとかなんだいうのは反則です!

ダメダメ指標・KPIでも許してあげて

しかし、行政がこうした指標設定はできていなくても仕方ありません。その経験も、能力も不足しているからです。そうこれからです。批判するのではなく、

・これでいいの?
・なぜ?
・数式を具体的に教えて?
と疑問を提起していきましょう。

そうなんです、これは国民運動。みんなで「KPIウオッチ」を進めていきましょう!

【ご参考】
クラウドファンディング実施中(^^♪


西村健
西村健

人材育成コンサルタント、NPO法人日本公共利益研究所(JIPII:ジピー)代表、事業創造大学院大学 国際公共政策研究所 研究員・ディレクター、一般社団法人日本経営協会講師、未来学者。
慶應義塾大学院修了後、アクセンチュア入社。 その後、日本能率協会コンサルティングで経営・業務改革、人材育成、能力開発を支援してきた。独立後、人事評価制度構築・運用、キャリアカウンセリングなどのコンサルタントとして活動中。最近はプレゼンテーション向上、モチベーション施策などに注力。

西村健の記事一覧